「よく考えて行動する」は大切ですね。。

明治神宮外苑で開かれていた現代アート展示で5歳の男の子が火災の被害にあった。

実に胸が痛くなるニュース…

で、事故の原因ってのは必ずあるわけですが。

工事現場などに使用される投光器を点けっ放しで放置してしまったことが原因とされています。

私も映像制作の現場において照明は使うのですが、お寺とか文化財レベルの撮影にはLED照明以外は絶対に持ち込まないようにしています(というかLED照明以外もっていない…)。理由は火災の可能性に尽きるわけですが例え火災とはいかずとも、ハロゲンランプが熱いまま床に置いてたら焦がしちゃったなんて事も有り得ますし。

で。

このニュースを聞いて、

よく考えて行動しなきゃなーと

改めて思いました…

話が飛んでしまうのですが、起業したての頃って「とにかくやってみよう!!」みたいに行動第一って感じで進めたりしますよね。「あーあ、よく考えもしないで…」って周りから思われていたと思うのです。

なんせ過去の自分に言ってやりたいくらいですから。

「日本人って考えすぎじゃん?だから考えずに行動起こせ」

とか。

「日本人って遠慮しがち。ガンガン行けばいいんだよ」

とか。

「控えめ日本人は成功しない」という意見を耳にしますが、それって「考える=思考を尽くす」ということを放棄してないかい??って今は思うわけです。

考えることだって立派な行動だし。

もちろん「行動」が大事なのは文句のつけようがないです。

行動したことによって、見えてくるものがあることも知っています。

しかし。。

よくわからずして行動したことによって、取り返しのつかなくなる事態だってあります。

身にしみて「考えて行動する」という意味を考えた一件でした。

 

関連記事一覧

PAGE TOP