「増やす」だけじゃない!!「減らす」ことだって動画はできるんだ!!

「商品の紹介」「サービスの紹介」…など動画は何も「攻めのプローモーション」だけに使うわけではない。

問い合わせを減らす」という役目も動画に任せることが可能であるわけです。

それぞれの業界の活用方法が、近年になり形になってきたのでご紹介。

 

 

 

・不動産賃貸の場合

273c9746ec110388d56fad2bd7d96681_s

部屋を借りる際、内覧してから契約する人が多いけれど、HP上に360°部屋が見渡せる動画を採用したことにより、お客さんが実際に足を運んで内覧する部屋を事前に絞ることが可能となった。

HPの写真だけだとわかりづらいし、情報量が足りない…。すると多くの内覧をしなければならず、スタッフもお客さんに同行(車まで出して)しなければならないので経費がかさむ。

内覧の数を「減らす」良い例。

 

 

・レストランの場合

c50ee83f9744d93982cb0eda1481fb4a_s

Googleがこの手の動画に本腰を入れているのでご存知の方も多いかも?

手法は不動産業界と似ているけれど、こちらも店内の様子を360°の動画にした事により、お店の「広さ」「席の配置」をわかりやすくしている。

特に団体利用時の幹事にとっては店内の広さが一目でわかるので重宝もの。お店のHP時に席数が書いてあっても、大人数が可能かどうか知りたい。店内がわかる動画であればHP上で確認できるので、お店側に電話等する必要もなくなる。つまりお店にとっても問い合わせが減るので、オペレーションが回しやすくなる!!忘年会シーズンなんて助かりそう。

 

 

・大学の場合

b3957a8cf91803a098f8f317339465c1_s

大阪の大学が360°動画を採用しキャンパス内の様子をHP上で公開。その事によりオープンキャンパス時、遠方から来る学生の手間を減らすことができたとのこと。これもさっきの不動産に似ているところ。

遠方から来る方への配慮」と考えると、なるほど良い事例!!これも情報をうまく動画に活用できた例。

 

 

・まとめ

以上、各業界の取り組みを一例ながらもご紹介したわけだけど、とにかく動画って「テキストで伝えられない事」「写真で伝えられない事」を表現する事ができるので、このように「お客さんを増やしたい」的プロモーションだけでなく、「問い合わせを減らしたい」的プロモーションもできる!!見た方が早いってやつですな〜。

 

 

☆というわけで、「問い合わせを減らす動画作りますよ

動画マーケター「西嶋」について

サービスのご案内

Facebookはこちらです!友達申請お気軽にどうぞ(基本承認します)

instagramはこちらです!フォローお気軽にどうぞ(基本フォロー返しします)

 

 

 

 

関連記事一覧

PAGE TOP