『動画対決!高画質VS低画質!勝つのはどっち?』

※画質とは。
ここでいう「画質」は画のきめ細かさの事。色、光、ボケとかも画質に入りますが、ここではスルーで。

近年、4K動画などの登場でカメラマンの機材環境に変化が起きてまして。その中には「高画質なんてあまり意味ないから4Kカメラはいらない」というカメラマンもいて。

自分もお客さんに説明する時は「画質悪いよりも、高画質の方がいいですよ〜」程度。でもそれって…。

何を根拠に言ってるの?

…となるわけで。
そろそろ決着つけようかと。

いつものごとく実験です。まず内容をさらっと。

・Facebookの広告に内容が同じ動画を2つ出す。

一つは「高画質」、もう一つは「低画質

両方とも2000回再生された時点で終了。その内訳を比較する。

という内容です。

動画は日本の風景映像。

ターゲット選定も「25〜60歳の男女」「旅行好き」に絞って選択。

2つの動画は同時に広告せず、日替わりに出す(画質を見比べることができないように)

ちなみに、画質的には以下。

スクリーンショット 2016-07-13 16.04.20

スクリーンショット 2016-07-13 16.04.32

「画質を荒く下げる」という機能は編集ソフトにはないので(業界的に普通やらないですし)、エフェクトをかけたり、ノイズを載せたりして「15年くらい前のカメラ動画」をイメージして加工編集。

さ…気になる結果(表はスマホからじゃ見にくいです。すみません)

スクリーンショット 2016-07-18 16.48.39

視聴時間別に見ると25%までは互角。

スクリーンショット 2016-07-18 17.08.46

50%になると…低画質組、離脱続出。

スクリーンショット 2016-07-18 17.09.03

75%では…差は少し縮まる。低画質組から「ここまで見たら意地でも見てやる!」という意気込みが感じられる!

スクリーンショット 2016-07-18 17.09.17

95%。もう終盤です。高画質のリードは変わらず。

スクリーンショット 2016-07-18 17.09.32

さて。100%視聴だとどうか。

スクリーンショット 2016-07-18 17.09.43

まさかの展開。ここまでくると低画質組、負けていない笑

あの荒い画質で最後まで視聴した人がいたということ…。驚き。

以下が平均再生時間の比率です。

スクリーンショット 2016-07-18 17.10.30

この数値はもはや『高画質の勝ち』というわけではないように思いますね…。

高画質は見やすさに影響するというだけかもしれないですね。

やはり視聴に大きく影響するのは内容ですか。。どんな人が、なぜ最後まで見たのか感想が聞けないので、ここで結論は出せませんが。

まとめ

高画質は視聴維持に効果がありそう!

今度から「高画質の方が長く見てもらえますよ」というアドバイスをしようと思います。

 

 

FUNKY FILMSについて

instagramはこちらです!フォローお気軽にどうぞ(基本フォロー返しします)

 

関連記事一覧

PAGE TOP