動画の冒頭から『無地のタイトル』を入れてはいけない3つの理由

下のような無地タイトルから始まるとします(つまり0:00秒から)

%e5%90%8d%e7%a7%b0%e6%9c%aa%e8%a8%ad%e5%ae%9a-1

 

これはWEB配信を前提としたプロモーション動画においては「やらないこと」の一つなのです。

なぜ??

その1「YOUTUBEなどの動画サイトにはすでにタイトル表記されている」

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-09-16-21-38-36

YouTubeで見た場合。

すでにタイトルが書かれているのだから、これはムダな二重表現です。視聴者としては「タイトル部分をポチって動画見てるのに、その直後にまたタイトルかい…」という感じです。

その2「勝負の開始10秒

動画をとりあえず覗いたけど響かなかった視聴者は再生後約10秒を皮切りにどっさり出て行きます。この10秒でいかに視聴者をつなぎとめるかが重要です。「文字だけの動かない画」を入れてしまうのは勿体無いです。

その3「説明的印象を与える」

映像の作り手としては、いかにキャプション(説明テキスト)を排し、映像を通して魅力・五感に訴えるかが勝負と言えます。無地のタイトルは「文字だけ」になってしまうので、どうしても説明的な構成になってしまいます。

おすすめの方法を弊社の作例で説明

開始0:00秒は「雨の中の田んぼ」からスタート。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-09-16-21-59-58

この0:00秒の開始直後、雷の音を入れています

入れている?

入れてるって?

そうなんです。雷は鳴っていないのです。

エフェクト音で大きな音を立てインパクトを与え、注視を得ます。つまり映像でなくても「音」を使ってインパクトを高めることもアリです。

※誤解のないよう。撮影中に雷が鳴っていたのは事実。この「カット」の時にドンピシャ鳴っていたわけではありません。ウソはいけません笑

そして開始1分経ってタイトルが表記されます。

最初の10秒で視聴者はその動画を見続けるか否か決まってくる以上、冒頭にタイトルはもったいないです!!

せっかく制作した動画なのだから、多くの人が見続けてもらえるような構成でいきましょう!

 

関連記事

  1. 西嶋良の奮闘記

    Mavic用のランディングギア〜PolarPro〜

    地面すれすれのMavicPhantomやInspireは地…

  2. 西嶋良の奮闘記

    天才監督はもういらない!?ハリウッド映画の最近。

    ハリウッド映画、最近の制作プロセスが面白いのです。というのも、…

  3. 西嶋良の奮闘記

    YouTubeだけじゃない!「Vimeo」も使って集客率アップ!!

    YouTubeとは一線を画す動画プラットフォームが…

  4. 西嶋良の奮闘記

    「増やす」だけじゃない!!「減らす」ことだって動画はできます!!

    「商品の紹介」「サービスの紹介」...など動画は何も「攻めのプローモー…

  5. 西嶋良の奮闘記

    『動画対決!高画質VS低画質!勝つのはどっち?』

    ※画質とは。ここでいう「画質」は画のきめ細かさの事。色、光、ボケと…

  1. 西嶋良の奮闘記

    「動画を作って欲しい」という人は一人もいなかった。
  2. 西嶋良の奮闘記

    Mavic用のランディングギア〜PolarPro〜
  3. 西嶋良の奮闘記

    頼むから勘弁してください!!
  4. 西嶋良の奮闘記

    「よく考えて行動する」は大切ですね。。
  5. 西嶋良の奮闘記

    制作費「100万円」と「10万円」の映像の違い~企画編~
PAGE TOP