Mavic用のランディングギア〜PolarPro〜

・地面すれすれのMavic

IMG_0833

PhantomやInspireは地表からクリアランスが取れるようランディングギアが高い仕様になっていますが、Mavicはコンパクトさが売りの為、「走り屋さんのシャコタン車かよ」というくらい低いです。写真に写っているような『微妙な草(?)』とかカメラに当たったりして嫌だったのです。

「地表に近いせいで離着時に砂や小枝など巻き上げ、機体にダメージを与える」といったMavic情報を様々なページで見かけましたが、Inspireも巻き込んで傷や汚れは付きました。ドローンの特性上ホコリの巻き上げは宿命ですので、決してMavicだけの問題ではないです。

それよりもMavicが持つ問題は離着時の巻き上げよりも、安定して地面に置けるところがなかなか見つからないという事の方が問題な気がします。

小石が多い場所ではカメラやセンサー系統に傷をつけてしまいそうなくらい低いのです。うーむ、置く場所を選ぶって・・・。

・ランディングギアパーツで解決!

地面のコンディションが悪い場合、一番良いのはヘリポートを用意するに越したことはないのですが、めんどくさがりの私としては「なんとかならないか」といういつものパターンであります。地面からクリアランスが取れれば良いので。。というわけでSkylinkさんで発売されていたこちらを購入して見ました。

PolarPro ランディングギア

IMG_0848

相変わらずSkylinkさん、おしゃれなパーツを揃えてらっしゃいます。一度お店にお邪魔したのですが、店内もおしゃれ。まぁそんなことはさておき・・・

IMG_0849

・では装着!!

とても軽いプラッチーな部品です。装着は簡単。ただくっつけるだけの工具いらず↓なんだか生き物感が出てきましたね・・・
前方部分が少し上がります。

IMG_0838

こちらが装着前↓

IMG_0833

かなりクリアランス取れました。

1.5インチ(約37mm)上がるのでこれで地表をシビアに選ばず置くことができます。

巻き上げ問題はランディングギアが低い高いの問題ではなく、ヘリポートを敷いて解決するもの。でもヘリポートを敷いても地表の凸凹は表面に浮き出てきますので、やはりランディングギアが高いに越したことはないと思いました。

PolarProランディングギア!なかなかオススメです。

関連記事一覧

PAGE TOP