結婚式嫌いについて

そろそろ結婚式の無駄さ加減に気付こう

あまりネガティブなことはネットに書かないようにしているのですが。

私はこの世で一番「結婚式」が苦手です。厳密にいうと「現代結婚式」が苦手です。お金と時間の無駄としか思えません。

こんな私は既婚者ですが、もちろん結婚式は挙げていません。「自分が式挙げておいて、人の式には出ない」という無神経野郎でないことをご理解ください。

つまり結婚式嫌い故、式を挙げていないと言うと「奥さんは挙げたかったでしょうに・・・」とよく言われますが、妻も大の結婚式嫌いです。

「結婚式挙げたーい!!」的な方がこれ読んでいたら、ごめんなさい。即刻離脱をば。。。

貴重なお金を奪う結婚式

冠婚葬祭の中で現代の結婚式ほど無駄な儀式はありません。

結婚式に掛かる費用は結局ご祝儀という名でみんなが負担しているわけですが、こちらが「結婚式挙げてくれ」と頼んだわけではありません。式を挙げなければ入籍できないという法律もありません。

頼んでもいないし、義務付けでもないのになぜ相場3万円という大金を渡すすのか不思議でしょうがないわけです。さらに血が繋がっているという理由だけで5万〜10万円にドカンと値上がるとか合法的詐欺としか言いようがありません。

離婚したら全額返してくれるのでしょうか。

貴重な時間を奪う結婚式

そして貴重なお休みの日曜とか祝日とかに結婚式を行うわけです。本当は行きたくないけど日・祝日が仕事休みの人は仕事を理由に欠席できないのでお気の毒。。

私は普段から「おめでとう!でも結婚式はいかないよ」と日々公言しているので気軽(?)に断りますが、断る事が苦手な方は本当にお気の毒です。

こう言うのをマリッジハラスメントと言います(たぶん)

ブライダル会社の寒すぎる演出

ブライダル会社の演出とかお遊戯レベル過ぎて。

ご両親に感謝の手紙を読むというお決まりコンテンツがありますよね?「お父さん、お母さん、今まで育ててくれてありがとう。わがままばかり言ってごめんね…」ってどこかの歌詞にありそうなアレです。

人の大切な時間を使って茶番劇が目の前で繰り広げられるわけです。新郎新婦と来客者との温度差がMAXに広がる瞬間です。家で済ませてきて欲しい。公衆の面前でやることなのか!?

こういう演出を仕込んでいるのがブライダル会社です。しかしよく考えてみてください。こんな寒すぎる演出をドヤ顔でする会社に私達のご祝儀が支払われているではありませんか!!

「安心してください。結婚式はご祝儀で賄えます」と勧めてるブライダル会社がいるので呆れます。

そのお金、君たちにあげるために持ってきたわけじゃないから!

※ちなみに私は映像クリエイターでありますが、ブライダルムービーのご依頼はもちろんお引き受けしておりません。

大量生産された料理に1万円オーバー

ご祝儀相場3万のうちに披露宴で食べる食事代も当然ご祝儀から支払われています。

一見するとフルコースのフランス料理だったりするので豪勢に見えますが、作る量が20~30人分です。量産されたフランス料理が美味しいはずがありません。見てください、スープが冷め始めているではありませんか。美味しんぼの海原雄山先生が招待されたのなら修羅場と化すのが想像できます。恐ろしい!!

結婚式には軽いおつまみ程度のオードブルと立食で十分。

テーブル席の割り振りも知らん人ばかりにされたらアウトです。1万円も払うのなら2万円のレストランに行って好きな人と好きなタイミングで行った方が幸せになれます。

要らないものばかりの引き出物

現代結婚式は「引き出物カタログ」なるものが渡されて、「ご自由にお好きなものを選んでください」という事がほとんどだと思います。

「ご自由に好きなもの」と言われながら、好きなものがあった試しがありません。ほとんどいらないものばかりです。乗馬スクール一日体験ってなんだそりゃ・・・

当然これもご祝儀から支払われています。

欲しいものがあったら自分で買います。引き出物出すくらいならご祝儀を値引きして欲しい。

つまり要らないことにお金を掛け過ぎている

要らないものにお金を掛け過ぎている事が問題なのです。

色々言いましたが、みんなから集めたお金で結婚式を挙げると言うのは理解はできます。古い友人が集まることも良い機会なのは確かです。

だからご祝儀で負担しなければいけない金額は「食事代(質素でよし)」「場所代(質素でよし)」で1万円で足ります。

「みんなに報告したい」という場を結婚式とするならお涙頂戴のイベントも、割りに合わない料理も、引き出物もいりません。これら全部タダではなく、みんなが負担しているのですから。誰も望んでいないものにお金をかけるなんて。

新郎新婦で段取りしてお招きするべきです。ブライダル会社に任せておきながら、その費用をみんなに負担させるなんていうのも虫が良すぎます。ホスピタリティーというものがあるでしょうに!

最後に:結婚式は嫌いだけど、お葬式は別。

少し話は変わりますが、葬式なら喜んで行きます。いや、喜んでというのはもちろん不謹慎ですが。

「本人はもう死んでるのに?」と言われそうですが、ちょっと違います。

遺族の方の為です。

豪華絢爛な祭壇はどうかと思いますが、ご遺体の行き先には常にお金が掛かります。基本土葬が認められていない日本では火葬必須です。焼き代とかご遺族が負担するのは大変。お墓がある場合は焼骨埋蔵の料金も掛かります。

人の埋葬には自治体の条例で火葬がほとんどです。これはもう義務付けに近い状況です。少しでもお世話になったのならお葬式は出てきちんとお別れを告げて、費用はみんなで負担するべきです。

でも結婚式は違います。なんの法的縛りもないのですから。それにも関わらずご祝儀の方が平均金額高いってどうよ。

関連記事一覧

PAGE TOP