制作費「100万円」と「6万円」の映像の違い~企画編~

 

過去に制作費100万円の映像プロジェクトがございました。

弊社のPR映像制作費は最安で6万円なので、10倍以上の金額差があるわけですが、100万と6万に画質や構成などのクオリティに極端な差がない時があります。。

たまーにそんなことがあると、お客様から「えっ!6万でできちゃうんだ!100万とかぼったくりだね!」とお褒めに近い(?)お言葉を頂く事もございます。

 

 

その度に、

「100万には100万のワケがあるんですよ汗」

…っと言いたいのです。

どのような内訳の差があると思いますか?果たして100万円はぼったくりで、6万なら正当な料金なのでしょうか?

 

・100万にあって、6万にないもの

実に企画の質と量」だと思います

100万の映像には、企画書や絵コンテなどクライアントとの意見擦り合わせに使う為の資料を作成します。

場合によっては、どんな映像になるかをプレゼンする場合もあります。そのプレゼンの為だけに映像を制作したりもします(ビデオコンテなんて言います)

つまりミーティングに必要な資料作成費やプレゼン用のラフ映像制作費が100万円の中に入っているのです。

出来上がった映像単体で100万円を掛かけているわけではないのです。

それに対して6万円の映像というのはミーティングや資料作りを極限まで減らして、コストダウンをしています。企画や絵コンテがない事もあり、制作者に「お任せ」というスタンスになったりと割とラフな感じになってきます。

 

・100万でもお金を出して依頼する理由

コンセプトを共有して撮影・制作に入ることができる

依頼する側は「どんな映像になるか?」を撮影する前から把握しておきたいですし、制作側もクライアントのサービスや商品を制作前にしっかり熟知しておきたいワケです。

あと私が聞いた興味深いご意見に「例えばギャグ系のPR映像が納品されてしまったら上司に怒られるかもしれない。企画・ミーティングを入念にして、上司のGOサインをもらってから撮影に入って欲しい」とお聞きしたこともあります。発注書ベースで考えると確かにその通りです。

計画通りの映像が納品される…これが100万円の価値であり、依頼される理由と思います。

 

・結果・

以上のような理由で、手間をかけて制作されたPR映像は100万円という金額になるのです。表に上がってこない費用の為に、どうしてもぼったくりと言われてしまうわけです。。イメージと近いものを制作させるには、その準備段階で費用が掛かってしまう…。その代わりイメージ通りのPR映像が完成させることができます。もちろん6万円でもそれに負けないくらいの映像は制作できますが、100万円といかなくとも無駄なコストを掛けることなく、制作をしていきたいです。

関連記事一覧

PAGE TOP