YouTubeだけじゃない!「Vimeo」も使って集客率アップ!!

 

YouTubeとは一線を画す動画プラットフォームがあります。

 

 

その名は

 

Vimeo(ヴィメオ)

vimeo_logo_blue_on_white

 

 

しかし「動画はVimeoの方がよく見る」という方は多くないと思います。

お笑い動画やセミナー系、ミュージックビデオ等、ジャンルも投稿量も多いYouTubeに対して、Vimeoは完成度高めの映像作品だけがずらりと並んでいるのが特徴です。

利用者数を見ても、

YouTube:10億人
Vimeo:1億人

どんぶり勘定ではありますが、YouTubeが圧倒しています。

一般視聴者が好まないプラットフォームにメリットなどあるのかと思われがちですが…

 

私が実際に得た経験からVimeoのある仕様に救われたことが多々あります。

 

それは…

自分の動画以外は絶対に表示されない

というVimeoの仕様です。

営業して仕事を頂く身としては、自分達が制作した多くの動画を「確実に視聴してもらう環境」も重要だからです。

 

私が制作した動画を例に説明すると…。

 

殺陣活劇「刃喰い」をVimeoYouTubeで開いた時の違いを見てみましょう。

 

まずVimeo

赤丸の部分をご覧ください。

スクリーンショット 2016-08-28 20.19.40

 

5つの動画は全て私の制作した動画。

Viemoは自分のアップした動画しか表示されません。

 

 

では次にYouTube

スクリーンショット 2016-08-28 23.22.27

他の人がアップした動画も表示されます。

いろいろな動画も見ているうちに、ふと気付いたら他の人がアップした動画だった…なんてご経験ありませんか?

これらは視聴者の立場からすれば「色々な人の、色々な動画」が視聴できるのは良いのですが、確実に自分の動画『だけ』を視聴してもらいたい側としては嫌な仕様なのです。

 

だからVimeoは優位なのです。

自分のアップした動画だけが常に表示される。他の人の動画が間を割って入ってくることは…

 

 

 

 

 

 

 

 

ない!!

 

 

 

 

わけであります。

クリエイター優位のプラットフォームと言いましょうか。

 

私の動画を次々と見た結果、お仕事を頂けたことが多くあったので、最近このVimeo仕様のありがたさが身に沁みております。「たら、れば」になってしまいますが、YouTubeだったら見られなかったかもしれないのです。

 

もちろん、だからと言ってYouTubeが使えないわけではありません。

YouTubeは「他者がアップした動画も出てきてしまう」わけですが、その逆もあるわけです。つまり視聴者が他者の動画を見ているうちに「あなたの動画」を見てくれる可能性が高いのです。

社交的なYouTubeと保守的なVimeoという感じでしょうか。

どちらのプラットフォームもターゲット・理念など違うので、それに合わせて配信をすることで成果も変わってくると思います。

動画で自分のパフォーマンスや、音楽、映像作品を配信している人は一度、Vimeoを考えてみて欲しいです!

 

関連記事一覧

PAGE TOP